TOPPAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後に笑うのは笑い飯か?

毎度「M‐1グランプリ」の話題で恐縮です。

11月22日付の「ウォーカープラス」でも
「笑い飯が優勝する」という予想が
ダントツで一番だったとか。

ウォーカープラス

すごいですね、20~30代女性の
72.5%がM‐1グランプリを見たことが「ある」そうです。

今年は本当のラストイヤーということで、
笑い飯のプレッシャーは相当なものでしょう。
ぜひこの本を!

「あがり」は味方にできる (メディアファクトリー新書)「あがり」は味方にできる (メディアファクトリー新書)
(2010/10/23)
有光 興記

商品詳細を見る


あ。
違った。

『M‐1戦国史』のなかの、
笑い飯のくだりをご紹介しようと思ったのでした。

第9回大会、伝説の「チンポジ」ネタです。


(前略)
最終決戦で思わぬ事態が起こる。NON STYLE、パンクブーブーに続いた
最後の最後、笑い飯が披露したネタがまさかの「チンポジ」だったの
である。
 漫才の後半、ラグビーのゴールキックを演じる西田が、パンツの中の
チンチンのポジション(=チンポジ)をやたらと気にする。ゴールキッ
クの前に、股間を何度もまさぐる西田に対し、哲夫はしつこく「チンポ
ジ」というフレーズを繰り返してツッコむ。
「おまえ、いまチンチンのポジション気にしたやろ。そんなん気にすな!」
「だからチンポジ気にすな!」
「わからんようにチンポジ気にすな!」
「ベルトあげるふりしてチンポジ気にすな!」
「仲間の選手にチンポジの確認取るな!」
「チンポジ」という下ネタ用語を繰り返すたび、女性客の多い客席は静
まり返っていった。
(後略)


いやあ。
漢(おとこ)だなあ、笑い飯。
本書の著者ラリー遠田さんは「笑い飯は勝つつもりで
あのネタを演じた」と分析しておられます。
そういう、自分を信じる力って大事よね。

仄聞したところでは、今回のファイナリストのなかにも
『M‐1戦国史』を読んで、大会の傾向を
学び直した方がいらっしゃるとか、いらっしゃらないとか。

どなたさまもプレッシャーに負けず、
いい戦い、面白い漫才を見せていただきたいものです。

大会は26日。
『M‐1戦国史』は各書店で絶賛発売中。
1日で読める!面白い!と評判です。

M-1戦国史 (メディアファクトリー新書)M-1戦国史 (メディアファクトリー新書)
(2010/10/23)
ラリー遠田

商品詳細を見る


おあとがよろしいようで。(←それは落語だ)

(前日はイベントで直接お売りしますよーの編集A)
スポンサーサイト
プロフィール

mfshinsho

Author:mfshinsho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。