TOPPAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語orライトノベル?

私ども「メディアファクトリー新書」をつくっております編集部は
「空想科学文庫」なるシリーズも手がけております。

その新刊の見本が上がってきました。

英語とラノベ

右は『空想英語読本』(マッシュー・ファーゴ著)。

オビには「『どこでもドア』を英訳すると?」とあります。

「『TOEFL』って、それ、おいしいの?」レベルの編集Kが
英訳を一所懸命考えてみました。

「Magic door that brings you wherever you want to go」
を略して
「Wherever door」
っつーのはどうでしょう、マッシュー先生!?

と考えてみてから、『空想英語読本』P16を見てみますと……

「The Anywhere Door」

ですって!

ちょっと~マッシュー先生!
「Anywhere」と「wherever」の違いなら、
私ってば、かなーりいい線いってるんじゃないでしょうか!?

どれくらい私の訳が違っているか&ほんとにマッシュー先生の訳が正しいのか知りたくて、
エキサイトさんの無料翻訳サイトで翻訳してみることにしました。

マッシュー先生のお答えの日本語訳
「The Anywhere Door」→どこでも、ドア

編集Kの答えの日本語訳
「Wherever door」→どこ、ドア

いずれにも入る「、」が気になります。
でもわかったことは、
マッシュー先生の訳は合っていて(当然ですが^^;)
私の答えは「でも」が不足していたってこと。

ほかにも

「早く人間になりたい!」(by妖怪人間ベムベラベロ)

「認めたくないものだな、自分自身の、若さゆえの過ちというものを」(byシャア)

を英語でなんと言うか?

と、実際に外国人に言ってみたらドン引きor大ウケ、
二つに一つの、危険な英語が満載です。
書店さんで見かけたらぜひ!手にとってみてください。


左は『空想ライトノベル読本』。
いずれも11月25日発売です。

(ラノベ担当の編集K)
スポンサーサイト
プロフィール

mfshinsho

Author:mfshinsho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。