TOPPAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡に行ったら壁画を!

編集Eです。

昨日は、新しい企画の著者さんと打ち合わせるため、
静岡まで日帰りで行ってきました。

打ち合わせ終了後、さすがにそのままトンボ帰りするのももったいないので、
駅周辺の書店さんをいくつか回ったり、静岡ホビースクエアをのぞいてみたり、
街の空気に触れようとぶらぶらしてみたり。
(すべて、次なる企画のためですよ!)

実は静岡は、これまで駅の南側にしか出たことがなく、
北側を歩くのははじめてでした。
紺屋町や呉服町といった、昔ながらの商店街はとても雰囲気がよく、
アーケードの下に並ぶ時計屋や玩具屋さん、食事処などのお店は、
チェーン店ではないところがが多くて、なんかほっとしたり。

名古屋と同じく、地下街もあって、それがまたダンジョン的で、
歩いているだけで楽しめちゃうんですね。

なかでも、某書店員さんが教えてくれた書店(て、ややこしいですが)、
谷島屋 呉服町店」の店内にある、
谷内六郎さんの壁画が見られて、うれしい気分!
壁画50%

FBで情報をくれたS川さん、ありがとうございます!

壁画の横には「週刊新潮」のロゴもあり、
谷内さんは1956年、「週刊新潮」の創刊号から表紙絵を担当されていたので、
おそらく、その縁でつくられたものなんでしょうね。
(表参道の山陽堂書店さんと同じような経緯かと思います)

お店自体も、建築的にも非常に興味深いレトロなもので、
お客さんものんびり本を読みながら選ばれている方が多く、
すごくいい雰囲気だなあー、と思いました。
静岡に行かれる際は、みなさまぜひ!

さらに「ついで旅を!」とも思いましたが、
さすがに薄暗くなってきたので「こだま」で帰路に就くことに。
これまで、個人的には模型(主にタミヤ)のイメージが強すぎた静岡でしたが、
また近々訪れたいな…そう思いながら車内にすべりこみました。

出張ついでのローカル線 (メディアファクトリー新書)出張ついでのローカル線 (メディアファクトリー新書)
(2011/10/28)
野田 隆

商品詳細を見る


(「こだま」を待つ時間に静岡おでんも食べちゃったり…な編集E)
スポンサーサイト
プロフィール

mfshinsho

Author:mfshinsho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。