TOPPAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭の君主

新人Kです。
ゲラのピックアップなど受け渡しのために、
各所に飛び回るのも編集者の仕事です。
そんな道中でのエピソードをひとつ

いつもは読書をしている電車内も、疲れているときは
目を閉じてじっとしていたくなります。
「ちょっと眠れるかなー」なんて思っていると、
周りの会話が異様に耳に入ってきたりします。

私の隣には5歳くらいの女の子と、母親が座っておりました。
電車に乗る経験もまだあまりなかったのでしょう。
隣では“電車内でのルール”を教えている(しつけている)最中でした。

声は小さく」 (そうだよね)
かばんのなかのものはあまりガサガサしちゃダメだよ」(電車のなかは退屈だもんねぇ)
お行儀よく座ろう」(窓の外見たかったりするなぁ)
たまごっちの音は切って」(まだ流行してたのか)

これがわずかひと駅分で繰り出されていました。メモが必要なレベルです。
覚えきれたかなぁ。

そんなとき、自分の手元にある本のオビに書かれていた文字が
「人を動かす。運命をも操る。」
(MF新書『成毛眞の超訳・君主論』のオビコピーです)



君主と聞くと、ついつい国や会社といった大きなものを思い浮かべてしまいますが、
もっと小さな視点に立ってみると、君主ってもっと大勢の人に当てはまるのかもしれません。


成毛眞の超訳・君主論 (メディアファクトリー新書)成毛眞の超訳・君主論 (メディアファクトリー新書)
(2011/12/27)
成毛眞

商品詳細を見る


スポンサーサイト
プロフィール

mfshinsho

Author:mfshinsho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。