TOPPAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き続き南武線考

編集Dです。
先日のブログによると、新人Kが南武線に乗って楽しい時間を過ごしたようです。
かくいうDも多摩エリア育ち。出身中学は南武線沿いに位置していました。

Kの記事からは「のどかな田園風景」を想起させられますが、
実際の南武線車内は、そんな雰囲気ではありません。

始発着駅の立川と川崎にはそれぞれ競輪場があり、
武蔵野線に乗り換えできる府中本町は東京競馬場の最寄り駅。
登戸駅からはバスで多摩川競艇へアクセス可能です。

休日の南武線は、ギャンブル好きの屈強な男たちで埋め尽くされます。
おそらく、各沿線の乗客別で格闘技(団体戦)でも戦わせたら、
南武線の男性客が最強ではないでしょうか。

小学4年か5年のころ。ひとりで南武線に乗っていたときのこと。

「坊主、このジュースやるよ」
と声をかけてきたおじさんがいました。
「大事に飲めよ」
手渡されたのは缶ビールでした。そう言っておじさんは立ち去りました。
すでに半分くらい空いている缶に口をつけようとしたら、
見かねた知らないおばさんに「汚いよ!そんなもん」と止められ、
人生初の飲酒を電車内で体験することはできませんでした。

いまにして考えると大問題の気もしますが、
それが許された時代だったのでしょうか。

休日の南武線が醸す独特の雰囲気は、いまも健在です。
(正確にいうと南武線はローカル線ではないらしいけれど……)
出張ついでのローカル線 (メディアファクトリー新書)出張ついでのローカル線 (メディアファクトリー新書)
(2011/10/28)
野田 隆

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

mfshinsho

Author:mfshinsho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。