TOPPAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月曜の昼からなんですが…

月曜のお昼からなんですが…

小中学生の頃、学校で
女子だけ体育館に集合!男子は校庭でドッジボール!
なんていう日があったことを、覚えている方も多いのではないでしょうか。

ピンときたあなたは、おそらく30代以上のはず(笑。
実はいま20代の若者たちは、男女一緒に性教育を学んだため、
そういったことはなかったようです。
では、下のような記憶はありますか?

・「生物」の時間にも性教育を教えていた
・バナナにコンドームを被せて避妊の方法を勉強した
・ピルは3ヵ月ぶんまで無料で処方された
・小学校低学年から、性器の名前を繰り返し学習した
・教科書には女性向けの護身術も掲載されていた
・マスターベーションをしてもよいと教えていた(早漏になるとの注意つき)
・教師が避妊について教えると、違法とみなされた
・民間団体が教材を搭載した「性教育バス」で性教育を学んだ
・性教育に割かれる時間は平均で年3時間だけだった

実はいちばん下の項目だけが日本の性教育で、
あとは、海外で行われている性教育です。
それぞれの国ごとに、政治や宗教、社会が抱える問題等が違うため
様々な性教育が行われているんですね。
(マスターベーションまで教えてくれるなんて…)

各国の性教育に詳しい研究者たちが集い、
11ヵ国の性と性教育の実態を紹介する
『こんなに違う!世界の性教育』では、
各国の性教育を通して、それぞれの国がわかる内容になっています。
果たして、上のカリキュラムはどの国のものなのか。
ぜひ、ご一読のうえご確認ください。

こんなに違う!世界の性教育 (メディアファクトリー新書)こんなに違う!世界の性教育 (メディアファクトリー新書)
(2011/04/28)
橋本紀子

商品詳細を見る


(体育館の暗幕のすそから覗こうとして、こっぴどくしかられた経験のある編集E)
スポンサーサイト
プロフィール

mfshinsho

Author:mfshinsho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。