TOPPAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の情念はものすごい

東京も台風の余波で久しぶりにじめじめしていますね。
こんなじっとりした日は、昔読んだある古文を思い出します。

それは、伊勢物語の「梓弓」。

夫が「宮仕えをしてくるよ~」と田舎を出たきり3年帰ってきません。
さすがにしびれをきらした女は言い寄ってきた新しい男を寝室に迎え入れることに決めます。

昔の結婚は3年更新。通い婚の時代だったので、相手が3年来なければ違う男に乗り換えてよかったそうな。

ところが、ここで夫がちょうど新しい男が来る日に帰ってきます。
「戸を開けて~」という夫に、女は「新しい人と枕を共にするからだめよ」と締め出します。

調子がいい夫ですね。いいぞ、女。

すると夫は「新しい人を大事にしてね」とあっさり帰ってしまいます。
そこで女は「昔からあなたが好きだったのに」と言っちゃうんですね。
夫は戻ってきてくれません。

ああ、ダメなパターンです。これは!

女は去った夫を追いかけますが、追いつけず力つきて倒れ、そこの岩に
(および)の血して書きつけける
「あひ思はで 離れぬる人を ととどめかね わが身は今ぞ 消え果てぬめる」
(愛してくれず離れる人を引き留められない私の体は今にも消えてしまいそう)

そして絶命。

怖いよう怖いよう。
しばらく「指に血して~」のフレーズが頭から離れませんでした。

さすが「世の中」という言葉が「恋愛」を指した時代。命がけです。

こんな風に古文は恋愛のエピソードだらけ。濡れ場を表現したものも少なくありません。
個人的なお気に入りは古本説話集の「平中言」。浮気に怒った妻が夫の媚薬を鼠の糞とこっそり入れ換えてしまいます。後はご想像のとおり。媚薬って平安時代からあったんですね。

さらに、エッチなシーンが読みたい方は、こちらをどうぞ。



セクシィ古文 (メディアファクトリー新書)セクシィ古文 (メディアファクトリー新書)
(2010/06/29)
田中 貴子田中 圭一

商品詳細を見る



(昔、模試でストレートな濡れ場の話が出され、なぜか焦りました。編集S)
スポンサーサイト
プロフィール

mfshinsho

Author:mfshinsho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。